比較

マンスリーVSホテルVS一般賃貸のコストや手間を比較してみた

皆さんは、何かしら商品やサービスを利用するにあたって何を重視するでしょうか?思い入れがあるのなら別として、最も重視されるのは「コスト」などのステータスの高さではないかと思います。部屋を借りるにあたっては業者に払う賃料の他にも様々なコストや手間があります。どの方法が優れているのかについて簡単に紹介していきます。

▲それぞれの賃料以外のコストについて

  • マンスリーマンションとホテルはそこまでの差はない

マンスリーマンションとホテルの場合、部屋の賃料以外の費用はそこまで大きくなりません。ホテルの場合は「食費」、マンスリーマンションの場合はそれに加えて「消耗品費」がかかります。ここで言う消耗品費とは、ティッシュペーパーやトイレットペーパー、石鹸やシャンプーといった必要最低限の生活における消耗品のことを言い、ホテルではこれが常に補充されますが、マンスリーマンションの場合は最低限の分を使い切ったら利用者が自分で買い足す必要があります。ただし、利用者によっては頭皮にやさしいシャンプーが必要といった事情もあり、また、生活におけるあらゆる消耗品が揃えられているわけではないので、マンスリーマンションだけでなくホテルにおいても多少なりと消耗品費はかかります。それでも、本体となる賃料に比べれば小さな出費となるでしょう。

 

  • 一般賃貸は最もその他のコストがかかる

一方、一般賃貸の場合は多大なコストがかかると言えます。一般賃貸の場合、家具家電付きの物件でない限りはこれらを全て自分で買い揃えなければなりません。おおよそ、最低限の生活を送るための家具家電について購入費用を計算してみました。

 

冷蔵庫:2万円 洗濯機:2万円 電子レンジ:0.5万円 テレビ2万円 掃除機:1万円

炊飯器:0.5万円 ベッド・布団一式:2万円 テーブル:1万円 計11万円

 

上記の金額については、ネットショップでの最低ランクの金額の商品をピックアップしてみました。もちろん、高性能な家電や高級な家具の場合、その購入費用はさらに高くなります。また、上記以外にもオーディオ関連や調理家電、本棚などの家具類なども含めれば、総額は何倍にも膨れ上がることになります。場合によってはその配送費もかかる可能性もあります。

配送といえば、これらの家具家電類を自宅から運び入れることもできます。その場合、引越し会社に依頼した場合の費用としては10万円前後は見積もらなければなりません。しかも、退去時にも同額かかるわけですから、合計で20万円ほど見積もる必要があります。上記の最低限の家具家電類が約11万円ですから、退去時の引越し費用と合計すれば約21万円、そこまで変わらないのです。どちらにしても、決して安い出費とは言えません。

この費用に関しては長期間の居住によって償却することもでき、仮に20万円の出費があっても2年間で1日あたり約270円の負担となり、居住期間が長ければさらに安くすることもできます。逆に、居住期間が短い場合には1日あたりの負担が大きくなり、1年なら1日約550円、6ヶ月ならその倍と、居住期間の短さに応じて負担も大きくなるので家賃が安くても費用総額が大きくなる可能性が高いです。

 

▲それぞれの手間について

 

  • ホテルに比べるとマンスリーマンションは多少手間となる

ホテルの場合、最近ではインターネットでの予約がとても便利であり、それを取り扱うサイトも数多く利用されています。一方、マンスリーマンションの契約においては一般賃貸ほどの煩わしさはなく、保証人も基本的には不要です。しかし、ホテルの予約に比べると身分証明の提示などの手間がかかり、多少なりと煩わしさを感じる可能性もあります。入退去に関しては、基本的に身一つでも問題ありません。マンスリーマンションもホテルも、最低限生活していくに当たっての家具家電は揃っているので、よほど運びれたい家具家電がない限りは身の回りの荷物だけ運び入れれば問題ないので、引越し業者を雇う必要もありません。何も運び入れていなければ、退去時にも持ち込んだ荷物だけを運び出せば良いので楽に片付きます。その点において、マンスリーマンションもホテルも手軽であると言えます。

 

  • 一般賃貸が最も手間になる

一般賃貸においては、契約時、入居時、退去時のあらゆる場面において手間がかかります。まず、契約にいてはマンスリーマンション以上に手間がかかります。保証人の用意も必要になりますし、各種書類の用意に関しても手間がかかります。次に入居時、つまりは引越しです。家具家電付きの物件でない限りは新規に購入するか自宅から運び入れる必要があります。業者に見積もりを依頼して、運び出す家具家電を用意する、実際の肉体労働は業者に任せれば良いでしょうが、それすら必要ないマンスリーマンションやホテルに比べれば煩わしさを感じます。また、水道・ガス・電気の開設も依頼しなければなりません。そして、それは退去時にも同様です。持ち込んだ家具家電類に関しては入居時と同様に引越し業者に依頼をする必要があります。仮にすべての家具家電類を売却・処分するにしても、自動的に行ってくれるわけではないのでこれも業者に依頼をする必要があります。公共料金に関しても転居手続きが必要になります。

 

▲まとめ

マンスリーマンションとホテルは、利用料以外のコストや手間はほとんどかかりません。一方、一般賃貸は家賃が安い代わりに家具家電の購入やその他の手間もかかります。短期間の居住では割に合わないことが多いと言えます。

マンスリーマンションVSホテルVS一般賃貸の利用料比較

「短期間ではマンスリーがお得」というようなキャッチフレーズを見聞きしたことが一度はあることでしょう。しかし、実際に「どれくらいお得」なのかが分からなければ利用しようがありません。そこで今回は、「新宿駅」の近くの「マンスリーマンション・ホテル・一般賃貸」で費用の比較をしてみることにしました。

 

▲料金の比較表

マンスリーマンション:http://www.monthly-mansion.com/detail/?bukken_no=44621

ホテル:http://hotel.travel.rakuten.co.jp/hotelinfo/plan/38126

一般賃貸:https://www.homes.co.jp/chintai/b-1233450006643/

 

  • 2週間の場合
総額 1日あたり費用 その他費用
マンスリー 87,890円 6,278円 食費・消耗品費
ホテル 117,414円 8,387円 食費
一般賃貸 219,970円 15,712円 食費・消耗品費・水道光熱費・家具家電

 

  • 1ヶ月の場合
総額 1日あたり費用 その他費用
マンスリー 164,268円 5,475円 食費・消耗品費
ホテル 251,600円 8,387円 食費
一般賃貸 268,920円 8,964円 食費・消耗品費・水道光熱費・家具家電

 

  • 3ヶ月の場合
総額 1日あたり費用 その他費用
マンスリー 440,964円 4,900円 食費・消耗品費
ホテル 754,800円 8,387円 食費
一般賃貸 452,520円 5,028円 食費・消耗品費・水道光熱費・家具家電

 

  • 6ヶ月の場合
総額 1日あたり費用 その他費用
マンスリー 860,868円 4,782円 食費・消耗品費
ホテル 1,509,600円 8,387円 食費
一般賃貸 727,920円 4,044円 食費・消耗品費・水道光熱費・家具家電

 

  • 12ヶ月の場合
総額 1日あたり費用 その他費用
マンスリー 1,661,796円 4,553円 食費・消耗品費
ホテル 3,019,200円 8,387円 食費
一般賃貸 1,278,720円 3,504円 食費・消耗品費・水道光熱費・家具家電

 

  • 上記リストの注意点

・ホテルは日毎に料金に差異が生じるため、30日分の料金を見積もり、それを基準にしています(そのため、すべての期間での「1日あたりの費用」が同じ)

・マンスリーマンションの「2週間」については、最低利用期間は14日と記載されていますが料金表には1ヶ月未満が記載されていなかったので、1ヶ月~3ヶ月の料金を基準としています

・一般賃貸の2週間については、家賃と管理費は2週間分で計算し、敷金礼金は1ヶ月分で計算しています

・各金額については正確なものではありません。あくまでも目安としてお考え下さい

 

▲費用の比較の考察

  • 1ヶ月では一般賃貸がホテルを上回る

一般的に「一番費用がかかるのはホテルである」という認識が強いものと思われます。しかし、1ヶ月という短期間で見れば最も費用がかかるのは「一般賃貸」なのです。その理由は「敷金・礼金」です。この物件の場合、家賃82000円で敷金・礼金がそれぞれ1ヶ月分なので初月の家賃は実質3倍になるというわけです。そのため、ホテルよりも費用総額が大きくなるのです。この敷金や礼金は利用期間に関わらず発生するため、利用期間が長いほど1日あたりの負担額は少なくなります。マンスリーマンションの場合、敷金・礼金はかかりませんが、代わりに「清掃費用」がかかります。これに関しては利用人数や利用期間に応じて金額が高くなることもありますが、そこまで大きな負担にはなりません。結果、マンスリーマンションと一般賃貸で倍以上の差がつくことになります。

 

  • 数ヶ月で1日あたりの費用が大きく変わる

ホテルの場合、基本的に利用した日数に応じて費用総額が大きくなり、しかしながら1日あたりの負担額は変わりません(今回のホテルの場合、日毎に利用料が異なるためその限りではありませんが)。しかし、固定費の負担を分散させられるマンスリーマンションと一般賃貸は1日あたりの費用が大きく下がることになります。この点、特にマンスリーマンションにおいては利用する期間に応じて1日あたりの費用は元から少なく設定されるのです。今回の場合は「3ヶ月未満・7ヶ月未満・7ヶ月以上」の3段階の料金設定となっており、3ヶ月の時点で「ミドル」に移行しているため1日あたりの費用は大きく下がることになります。この点は一般賃貸と大きく変わります。

 

  • 長期間で一般賃貸が圧勝する

元々、一般賃貸が割高になっていた原因は「敷金・礼金」です。それも半年~1年という長期間を経ることで償却され、1日あたりの負担は微々たるものに変化しました。その結果、マンスリーマンションと一般賃貸の1日あたりの費用は1年後には1000円もさを開かれることになります。ただし、マンスリーマンションも「ロング」クラスになっているため初期に比べて1日あたりの費用は大きく減ることになり、ホテルの半分ほどの費用となっています。

 

▲利用料以外の部分に関する費用について

 

  • マンスリーマンションとホテルの差

マンスリーマンションのとホテルの利用料以外の費用の差としては「消耗品費」が挙げられます。どちらの場合も食費はかかりますが、ホテルの場合はティッシュペーパーやトイレットペーパーなどの消耗品は常に補充されます。しかし、マンスリーマンションの場合は最低限の量は用意されていますが、それを使い切った場合には利用者が自ら買い足さなければなりません。しかしながら、これらの費用については全体で見れば大した金額にはならないため、費用全体の利便性を大きく左右することはありません。

 

  • マンスリーマンションと一般賃貸の差

ここがかなり重要になります。上記の表を見る限りだと3ヶ月の時点でマンスリーマンションと一般賃貸の1日あたりの費用はほぼ並ぶことになり、6ヶ月の時点では逆転しています。しかし、これには大きな間違いがあるのです。と言うのも、どちらの場合も「食費」と「消耗品費」が必要なのは同じですが、一般賃貸の場合はこれに加えて「水道光熱費」と「家具家電購入費用」が加算されるのです。マンスリーマンションもホテルも水道や電気は使いますが、その利用料は基本的に賃料と一緒に支払っているのです(過剰に使えば差額を支払うことになりますが)。

そして何より大きいのが「家具家電」の購入です。マンスリーマンションには最低限の生活を送るための家具家電類が揃っています。しかし、一般賃貸の場合はレオパレスに多く見られるような家具家電付きの物件ではないことが多いです。それでは当然ながら生活していくことはできませんから、購入する必要があります。それらも固定費と考えれば楊貴館の利用によって1日あたりの負担は減らせますが、決して安い金額にはなりません。何年も同じ物件に住み続けるのであれば問題ないでしょうが、1年未満の短期であればその後の引越し費用なども含めれば大きな負担になることは間違いありません。

 

▲まとめ

利用期間が短い場合、1日あたりの負担は「一般賃貸>ホテル>マンスリーマンション」の順になります。一方、利用期間が長くなるほど一般賃貸とマンスリーマンションの1日あたりの負担は小さくなりますが、減少幅は一般賃貸の方が大きいです。どの利用期間であれ、マンスリーマンションが最も負担が大きくなることはありません。